Ena ☺︎

2020.06.29

【お知らせ】中標津音楽プロジェクトに参加しています!

このたび
キキミミ長尾マサキさんが
発起人で始まった

中標津音楽プロジェクトの楽曲
「青空を君に」

私は作詞(rap歌詞以外)と
恐縮ながら曲タイトルまで
決めさせていただき
歌唱ともに参加させていただきました。

まず何故このプロジェクトが
開始されたかは、

是非こちらの
中標津音楽プロジェクトページ
ご覧ください。

ステキなプロジェクトと
楽曲に参加できたこと、

また作詞依頼の
お声がけいただいたこと、
たいへん光栄に思います。

中標津観光協会のYouTubeチャンネルにて
楽曲「青空を君に」
聴けるようになっています。

緊急事態宣言中の
4月後半からこのプロジェクトは
進められていたので、

動画内容はstay homeでの撮影。

結構わたし意外と出没しているので
良ければぜひご覧ください🐻照

参加アーティストは13名、
それぞれ本当に素敵な歌声に演奏です。

こんなに中標津出身の
アーティストいるんだ!
と普通にびっくりしました笑
(中標津にゆかりのある方も
いらっしゃいますが)

今回、このプロジェクトのことで
キキミミ長尾マサキさんから
お声がけいただいたとき、

“とにかく1人でも多くの人の
不安を取り除けたら”という

優しく熱い気持ちが
ひしひし伝わってきて、

私も何かできたら、と
微力ながら常々思っていたので
すごく嬉しかった気持ちと同時に、

中標津の町には

みんなに喜んでもらいたい、
元気でいてほしい、
何かチカラになりたい、

こんな風に
“誰かを笑顔にしたい”という
気持ちを持つ方が

マサキさんはじめ、
沢山居るということを知って
私もすごく元気を貰ったんです。

ああ、ひとりじゃないんだ、と思った。

その後すぐに、作詞依頼をいただき
数日後に曲のデモ音源をいただいて

心地よい風がふくような
スッと耳に馴染む
とっても良いメロディに感動して、

10日間くらいかけちゃったけど
色々な想いや視点を込めて
作詞をしました。

中標津の人はもちろん、
いま会えてない大切な人たち、
いつも応援してくれてる皆様のことも
たくさん想像しながら

聴いてくれた方に
寄り添える言葉が
書けたらなぁと思いながら
作詞させていただきました。

そして今回
素敵な楽曲の作曲
ドラム演奏・更に動画編集まで
担当してくださった

スーパーマンのような
キキミミ神田直樹さんは
とても優しい柔軟な方で、
色々な対応にも大変救われました。涙

今回このような形で
ご一緒できてとっても嬉しかったです!

どうしてこのような詩を書いたかなどは、

また別で
言葉にするタイミングが
ありそうなので、

その時は改めて
お知らせさせてください。

このブログにも
私が書いた部分の詩を
載せておきます。

読んでみていただけたら嬉しいです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

『青空を君に』   

君の笑い声 耳に触れるたび
ため息混ざる心の中も
穏やかに 木漏れ日ゆれる

ふいに思い出す
懐かしい記憶
白樺並木 夕暮れの色
透きとおる風の音

季節はいつも新しい
温もりを君に

青い空と 過ごしてきた日々が
語りかける ひとりじゃない
明るい方へ一緒に

静かな不安は 闇夜に溶かして
あの頃のように 夢中になって
1日を終わらせばいい

約束しようよ
いつか会う日まで
星屑のように 遠い光も
幸せの鐘のよう

何度も胸に響いた 輝き灯そう

青い空が 涙で染まっても
忘れないで たったひとつ
君を待ってる人がいること

季節はいつも新しい
果てしない青空を君に

当たり前に描いてきた夢も
過去も未来も 今この瞬間(とき)も
手を振り君を待ってる

青い空と 過ごしてきた日々が
語りかける ひとりじゃない
明るい方へ一緒に

どんなときも繋がっている
明るい方へ一緒に

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

今日も遅いじかんになってしまった。。

クラファン リターンのメール
やっと数日以内にまた送れそうなので
ご確認いただけたら嬉しいです♪

それではみなさま
今日もお疲れさまでした☺︎

エナ

SHARE
Follow on SNS